忍者ブログ
林田力『東急コミュニティー解約記』(Replacement from Tokyu Community)はマンションの管理会社を変更し、管理委託費を大幅に削減した事例の記録である。東急コミュニティー管理では不動産を守れない実態が明らかにする。
尾田栄一郎『ONE PIECE 7』(集英社、1999年)は首領クリークの海賊艦隊との戦いの続きである。首領クリークは東の海最強という触れ込みであるが、それに見合った大物感はない。

手口が卑怯である。ゼフを人質にとって法外な要求を出す。私は東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)において大手業者だから真っ当と言えないことを痛感した。それに重なる。

実際、首領クリークの海賊艦隊は話が終わった後も再登場していない。全く愛されていない集団である。クロネコ海賊団のジャンゴやアーロン一味のハチのように部下が再登場したケースもある。それにならえばギンの再登場を期待できそうであるが、そのようになっていない。仕える主を間違えたのだろう。

東の海最強の首領クリークの海賊艦隊であっても、卑怯な手を使わなければルフィ達と勝負にならない。海賊王を目指す一味とは格が違う。しかも、麦わらの一味は全勢力で海賊艦隊と対峙しているのではなく、ナミを探すグループと分かれている。その後の連載では常態化した別行動は、ここでも見られる。

本書の見所は、片手間感のある首領クリークとの対決よりも、サンジとゼフの過去のエピソードである。これは泣ける話である。過去の義理を重んじるところも素晴らしい。ワンピースは過去の深い話があるところが魅力である。単なるバトルの連続に陥っていない。
http://hayariki.han-be.com/onepiece78.html
Tokyo Outer Ring Road and Autonomous Car (Makuraishido) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com.au/dp/B06XFHLT1Z/
PR
Comment
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
material by Sky Ruins  /  ACROSS+
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/07 lwgrzpmprz]
[03/06 gdqgymfhwd]
[03/04 luvfgwqeki]
最新TB
プロフィール
HN:
林田力
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索
P R